2016/04/10 16:53

お母さんに日頃の感謝の気持ちを伝える母の日。

似顔絵を書いたり、晩ごはんを作ってあげたり、おこづかいを握りしめてお花屋さんにカーネーションを買いに行ったり。

そんな想い出のある人も多いのでは。




日本でも広く知られる母の日ですが、いつ頃どのようにして生まれたのでしょうか。




1908年 アメリカ・ウェストヴァージニア州。

アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、フィラデルフィアの教会でカーネーションを配ったのが始まりとされています。

母を偲ぶ日はやがて、母の日頃の苦労をいたわり母への感謝を表す日となり、日本へは大正時代に伝わりました。




そう、もともとは、亡くなったお母さんに思いを馳せる日だったのですね。

母の日には、お母さまの好きだった花やあなたとの思い出の花を飾って、いつもそばで見守ってくれているお母さまに感謝の気持ちを伝えませんか。









【母の日ギフト2016】

Flower x Design NaNaiRoToiRo(なないろといろ)では、白~ピンクの優しいグラデーションのバラにグリーンや実ものを合わせた

ナチュラルシックなアレンジメントを3種類、ご用意しております。




<メヌエット>

白とピンクのバラにシルバーグレーのリボンを添えて上品に。

お写真の横や思い出の品と一緒に飾っていただきやすい小さめサイズです。






<ワルツ_Ⅰ>

大輪のガーデンローズとたっぷりのグリーンでナチュラルに。

ガーデニング好きだったお母さまにぴったり。






<ワルツ_Ⅱ>


ワルツ_Ⅰのデザイン違い。サイズはほぼ同じですがバラの数が多くより豪華です。